ローソク足研究所

ローソク足のあるチャートを基本的には分析していくサイトです。プライスアクション・テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析(アホいから苦手)・インジケーター・チャートパターンあらゆる角度で研究していく日々進化(#^.^#) 1度トレードについて何もわからず資産全焼した経験から猛勉強。

Advertisement

【日経平均株価】なぜ!?価格は上昇できた?価格上昇の理由と3つの分析方法を公開します。週末の価格上昇はトレンドとなるのか?

f:id:koalion0105:20200419121417p:image

(更新 2020/04/19)

どーも!執筆師のトモ王です。

 

『緊急事態宣言後の日経平均株価』について前回記事で取り上げた後、価格に上昇の動きがあったので分析に入っていきます。

 

前回記事では『全国緊急事態宣言の影響で日経平均株価は下がるのでは?』という観点からチャートを見ました。

 

その後、予想とは裏腹に価格が上昇していますね。

 

前回記事参考:ついに全国緊急事態宣言!相場の動きはどうなる?アメリカ国家非常事態宣言から学べるものとは? - ローソク足研究所

 

この記事のポイント(まとめ)

  • トライアングルパターンから上昇は『騙し上げ』の可能性はまだ否定できない
  • 価格上昇の理由は日銀のETF買い支えによる売り圧の抑えサポートの背景
  • テクニカル分析:日足で長期的トレンド上昇相場[20,749〜18,800円]がレンジ相場
  • テクニカル分析:1時間足では下落に警戒
  • エリオット波動理論でアップ・ダウントレンド共に意識される価格は[20,219円][20,749円]となり反発して下落するのかに注目

 

週末に価格はなぜ上昇したのか?

4月16日(木)夜に発表された『全国緊急事態宣言』から次の日の4月17日(金)の株式市場オープンと共に価格上昇となりました。

 

f:id:koalion0105:20200419183620j:image

資料参考引用元:指数連動型上場投資信託受益権(ETF)および不動産投資法人投資口(J-REIT)の買入結果

 

日銀によるETFの買い支えが15、16日に【1,202億円】となっており、株価の売り圧の下落の抑止となり上昇にとって好材料となったと見られます。

 

日経平均は終値[19,897円]となっておりチャートパターンのトライアングルからのブレイクの上昇波動としては勢いが弱く感じられます。

 

この後[20,000円]が意識され、目指す事になりそうですが、今回は以下の3つのテクニカル分析でチャート分析を紹介します。

 

  • 一目均衡表
  • MACD
  • エリオット波動

 

一目均衡表で分析

 

【日足】

f:id:koalion0105:20200419121251p:image

日足ではこの後[20,000〜18,800円]の大きな雲が発生しています。

 

この大きな雲の中に入ると[20,000円]が抵抗帯となり上昇しにくく、[18,800円]が支持帯となり下落しにくくなります。

 

この後雲の上に抜けて上昇すると[20,000円]が支持帯となり上昇への好転機となりそうです。

 

 

【1時間足】
f:id:koalion0105:20200419121246p:image

ローソク足の時間足を変えて見るとトライアングルのラインに沿って雲が形成されていますね。

 

1時間足で見るとローソク足が雲から離れているので雲に下落して近づく事も予想されます。(ローソク足が雲から離れ過ぎると雲に近づく性質がある)

 

雲が薄くなるところも出てきている為、1時間足で見ると今後価格が下がると下落に警戒した方が良さそうに見えます。

 

MACDで分析

【日足】

f:id:koalion0105:20200419121316p:image

日足で見るとMACD指標はゴールデンクロスとなり価格は上昇しています。

 

背景は良く長期トレンドとして上昇トレンドと言えます。

 

【1時間足】
f:id:koalion0105:20200419121310p:image

1時間足ではデッドクロスから指標は下げていますが価格は上昇しておりダイバージェンス現象が確認できます。

 

ダイバージェンスが起きていると言う事はトレンドの転換期となっている為、下落に警戒が必要です。

 

 

エリオット波動理論で分析

【アップトレンド】

f:id:koalion0105:20200419121349p:image

エリオット波動のアップトレンドでシナリオ想定すると、第1波を超えた事から第3波のフェイズに見えます。

 

フィボナッチ1.618倍の[20,749円]をまずは目指す事が出来るのか?に注目ですね。

 

【ダウントレンド】
f:id:koalion0105:20200419121353p:image

2020年1月の最高値[24,000円]辺りから反発して調整波の途中とするとB波を形成中とみられます。

 

半値戻しの0.5の[20,219円]で再び下落、もしくはアップトレンドで意識されたフィボ1.618倍[20,749円]で反発なのかに警戒が必要です。

 

まとめ

  • トライアングルパターンから上昇は『騙し上げ』の可能性はまだ否定できない
  • 価格上昇の理由は日銀のETF買い支えによる売り圧の抑えサポートの背景
  • テクニカル分析:日足で長期的トレンド上昇相場[20,749〜18,800円]がレンジ相場
  • テクニカル分析:1時間足では下落に警戒
  • エリオット波動理論でアップ・ダウントレンド共に意識される価格は[20,219円][20,749円]となり反発して下落するのかに注目