ローソク足研究所

ローソク足のあるチャートを基本的には分析していくサイトです。プライスアクション・テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析(アホいから苦手)・インジケーター・チャートパターンあらゆる角度で研究していく日々進化(#^.^#) 1度トレードについて何もわからず資産全焼した経験から猛勉強。

Advertisement

【ドル円】トレンド転換のサイン?『エンディング・ダイアゴナル』が発生か?

f:id:koalion0105:20200326195156j:image

 

どーも!執筆師トモ王です。

 

外国為替ドル円相場にトレンドの転換『エンディング・ダイアゴナル・トライアングル』を確認しました。

 

『エンディング・ダイアゴナル ・トライアングル(E・D・T)』はエリオット波動第5波の中身である副次波に現れる特殊波動です。

 

『エンディング・ダイアゴナル ・トライアングル』と呼び名が長いので以下『E・D・T』と略させてもらいます。

 

エンディング・ダイアゴナル ・トライアングルをチャート上で確認してみよう

f:id:koalion0105:20200326190633p:image

ドル円現在相場でエリオット波動第3波の副次波5波で『E・D・T』を確認しました。

 

赤線の副次波のエリオット波動は3波と5波の高値が近く、5波があまり上手く上昇出来なかった『トランケーション』『フェイラー』といったエリオット波動の出来損ないに近い波動になっています。

 

エンディング・ダイアゴナル・トライアングルとは?

ここで『E・D・T』について詳しく解説していきます。

 

f:id:koalion0105:20200326191058p:image

エリオット波動理論では上昇5波・下降3波のリズムがあります。

 

そしてエリオット波動の5波の中には副次波と呼ばれる小さなエリオット波動が存在します。

 

このクラシカルな5波動はインパルス波動と呼ばれ『第3波が1番長くなる』『第4波は第1波より下がる事はない』といったセオリーとして基本的なルールがあります。

 

特殊波動であるダイアゴナル・トライアングルは副次波に出現し『第4波は第1波よりも下がる』というエリオット波動のルールを破る特殊な波動となっています。

 

f:id:koalion0105:20200326193223p:image

『E・D・T』は5波の中身に現れリズムが『3・3・3・3・3』と上昇3波・下降3波のリズムを作っているのが特徴です。

 

ちなみに第1波に現れる『リーディング・ダイアゴナル ・トライアングル』というダイアゴナルもあります。これは『5・3・5・3・5』の上昇5波・下降3波のリズムを作っています。この『リーディング・ダイアゴナル ・トライアングル』『第4波が第1波を割る』という特殊波動になっています。

 

E・D・Tはトレンドの終わり

エンディング・ダイアゴナル ・トライアングルはトレンドの終焉(しゅうえん)と言われ、トレンドが終わる・転換するシグナルでもあります。

 

売りと買いの攻防戦が激しくなっており『高値圏』『安値圏』で価格が行き詰る時によく現れます。

 

今後の戦術は?

f:id:koalion0105:20200326194303p:image

まず第1波である105.915円を割る事はないと想定します。

 

直近の高値・安値からフィボナッチ数を測ると107.85円まで下落がありそうですね。

 

いきなり107.85円まで落ちる事はないと思われるので、1度は反発で買いの上昇が109.329円108.764円辺りでありそうなので基本的には『売り』で入り、反発買いに気をつけながら107.85円までは売りを浴びせて良さそうですね。

 

参考エリオット波動を理解すると初心者でも相場に強くなる! - ローソク足研究所