ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

Advertisement

【ドル円】なぜ急上昇?原因はこのチャートパターン『アダム&イブ』

 

f:id:koalion0105:20200316055348j:image

どーも!執筆師トモ王です。

 

外国為替市場は各通貨乱高下が見られますね。取引するには儲けを出すも損失を出すも期間が短くなりリスクが高くなるハイレバレッジ取引は危険なフェイズにありますね。

 

ドル円相場はダウ米株価と日経平均株価に影響を受けて強く価格の上下をしています。

 

そこで今回は急落急騰に見られる『アダム&イブダブルボトム』のチャートパターンを見て行きたいと思います。

 

急落急騰したドル円相場

f:id:koalion0105:20200315212103p:image

オープンと共に窓を空けて急下落し、一時的に101円台にまで下落を見せ売りが強い状態にありました。

 

101円台で下げ止まり良い形の反発をし105円後半まで上昇しました。105円後半から1度価格を下げて調整期間に入り再度急上昇し、105円後半の天井価格を突き抜け一気に107円後半まで昇り詰めています。

 

このチャートパターンは『アダム&イブダブルボトム』と言われる急落急騰に出現するチャートパターンです。

 

112円から101円まで落ちたと思ったらすぐに107円まで戻りましたね。短期間で価格変動が激しいことが分かります。

 

これだけ短い期間でアダムイブを見るのは私は初めてなので相場市場は稀な恐怖相場となっています。

 

しかし、この『アダム&イブダブルボトム』を理解する事で意識される価格を探る事ができます。

 

エリオット波動理論で解説が可能なのでアダムイブを波動で見てみましょう。

 

『アダム&イブ』をエリオット波動理論で観察

f:id:koalion0105:20200316053557p:image

V字のアダムが1波となり2波から3波へ上昇がイブとなります。

 

ここで大切な事が3波の中にある小さなエリオット波動です。

 

3波の中の3波で急上昇をしていますね。そしてその前の1波でネックラインから調整して2 波で下げています。この形が『カップ&ハンドル』を形成しています。

 

f:id:koalion0105:20200316054102p:image

『カップ&ハンドル』形成後にネックラインを超える事で急上昇も生まれるので、色んな好条件が重なるため期待から買いが先行します。

 

このように『アダム&イブ』の中身はエリオット波動の1・2・3波で形成され『カップ&ハンドル』が最後の急上昇ではよく確認できます。

 

 

次に意識される価格は?

さて、この上昇が『どこまで続くのか?』が問題となりますね。

 

フィボナッチリトレースメントを見てみましょう。

f:id:koalion0105:20200316054439p:image

1.618倍に108.857円があるので恐らくこの価格までは伸びて来そうですね。

 

しかし、新型コロナの影響でダウ平均株価が下落してしまうとこの上昇は止まる警戒が必要です。

 

大きな下落にも警戒が必要です。

 

今後の戦術

短期トレンドは『上昇』にあるので、基本的には『買い』でエントリーし、107円を割る下げがあるなら1度チャートの見直しが必要になりますね。

3月16日(月)のオープンと共に窓を作って急下落ならまたチャートを見直して記事を更新しますね。

 

参考仮想通貨で稼ぎ時と話題の【アダム&イブ】ってなんだ??その答えは… - ローソク足研究所

 

参考株やFXの相場心理が1番わかりやすいパターンはコレ!!『カップ&ハンドル』とは? - ローソク足研究所